Slow Photo Life

落としたチャンスを拾いに行ったら

落としたチャンスを拾いに行ったら_e0025893_17112655.jpg

M-P(typ240)/Elmar5cm
ライカあるあると言えば、「フィルムがちゃんと巻かれていなかった」とか「キャップをしたまま撮っていた」はよく聞くし一度くらいはやっちまった事があるけれど、「沈胴させたまま撮っていた」ことはこれまでに一度もなかった。
ところが、今日はそれに似た事をやっちまった。
引き出したのは良いけれど、ちゃんとロックされておらず、超後ピンになっていた。
撮影中にモニタをみたら酷くピントが合っておらず、アレ?と思ってレンズを見たら、鏡筒がグラグラしてちょっと沈んだ状態だった。
うわぁ、さっき撮ったネコ、良かったのになぁと、気に入っていたシーンがあったので諦めきれずに戻ってみると、先ほどとは少し違う場所に移動して、その猫は寝そべっていた。
「さっきの奴、また来やがった」なんて眼で見られながらも撮らせて貰った。でも最初の方が確実に良かったなぁ(笑)
by kawamutsukun | 2020-09-05 17:20 | Leica | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kawamutsu.exblog.jp/tb/29167555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cobag2 at 2020-09-07 17:09
それはそれは!
私はSONY機でElmarを使ってますが沈胴させるとセンサーを傷つけるとか
聴いていたので沈胴させずに使っています(汗;)
もう少ししっかりとロックするといいな、といつも思ってます ^^
そのニャンコ、「レンズが半分沈んでるそ!」なんて思ってたりして(^^)
このカットもなかなかのキメ顔ですよ!
Commented by kawamutsukun at 2020-09-09 13:54
*cobagさま
私はα7Ⅱでも沈胴させていましたが、一度もトラブルはありませんでした。
この猫はさっき来た奴みたいだぞ!と、本気で思っている目をしていました(笑)