Slow Photo Life

CONTAX after a long absence

e0025893_19281763.jpg

久しぶりにCONTAXのカメラを買った。ボロボロのRTSもカッコイイかと思ったけれど、使用に堪えるRTSはⅡかⅢしかないので、今回は中庸のRXにした。
私の最初のCONTAXはレンジファインダーのG1で、手に入れたのは確か1996年頃だったと思う。
写真を覚えた母親が旅行に持って行けるコンパクトさと作品作りに耐える描写が欲しいとの要望で選んだのがG1とレンズだった。
普通のカラーネガを詰めて撮っている母親からカメラを取り上げて娘の写真を撮ったのだけれど、サービスサイズですらその描写に驚いたのは今でも鮮明に覚えている。
サービスサイズのプリントではレンズの描写なんか分からないとは良くいうけれど、Planar T*45mmF2のプリントはハッキリと違いが分かる描写で鳥肌が立った。
それから暫くの間はツァイス教の信者となったのは言うまでもない。
by kawamutsukun | 2018-07-04 00:00 | CONTAX | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kawamutsu.exblog.jp/tb/27375296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cobag2 at 2018-07-13 14:16
黒光りするCONTAXのボディにDistagonの28mm!
何とまぁ贅沢なコンビネーションでしょう^^
世が世なら垂涎もの、肩からぶら下げていたら知る人なら振り返る事
必須の組み合わせですね^^
Commented by kawamutsukun at 2018-07-14 01:19
*cobag2さま
どうもこのRXというのは人気が無いようで、中古カメラ店でも捨て値の様な価格で売られていました。
ひょんな事からDiatagonが手に入ったので、安っすいRXを手に入れたのですが、なかなかどうして良くできたカメラで感心しています。
ただし、持病の液晶漏れは患っていましたが、ご愛嬌という事で(笑)