Slow Photo Life

まるでデッサンのよう

まるでデッサンのよう_e0025893_16050755.jpg

Elmar5cm
昔、友人の写真家が旧Elmarの描写を「デッサンのよう」と表現していたのを耳にしたけれど、どう解釈したら良いのか?画心のない私には良く理解が出来なかった。
彼は画も基本からやっていたようなので、旧Elmarの描写を画になぞらえてそう表現したのだと思う。
その「デッサンのよう」を「芯は太いけれど繊細で、漆黒の中にもしかっりとトーンがある」と表現したらどうだろうか。
今回手に入れたElmarは友人が持つ旧Elmarとは違うけれど、そんな描写を見せてくれないかと期待している。
タグ:
# by kawamutsukun | 2020-09-18 16:14 | Leica | Trackback | Comments(0)

突然現れたブライトフレームに、慌てて3歩下がる。

突然現れたブライトフレームに、慌てて3歩下がる。_e0025893_16182008.jpg

浅草橋
M-P(Typ240)/Elmar5cm
このカメラは電源ON、レリーズ半押しじゃなとブライトフレームが出ない。
シャッターを切ろうとして突然フレームが現れて、被写体がフレームからはみ出している事に気づいて3歩下がるなんて事もしばしば起こる。
35mmではちょっと下がれば済むけれど、50mmじゃぁ・・・。
これはやっぱり不便だよね。
タグ:
# by kawamutsukun | 2020-09-07 00:00 | Leica | Trackback | Comments(2)

落としたチャンスを拾いに行ったら

落としたチャンスを拾いに行ったら_e0025893_17112655.jpg

M-P(typ240)/Elmar5cm
ライカあるあると言えば、「フィルムがちゃんと巻かれていなかった」とか「キャップをしたまま撮っていた」はよく聞くし一度くらいはやっちまった事があるけれど、「沈胴させたまま撮っていた」ことはこれまでに一度もなかった。
ところが、今日はそれに似た事をやっちまった。
引き出したのは良いけれど、ちゃんとロックされておらず、超後ピンになっていた。
撮影中にモニタをみたら酷くピントが合っておらず、アレ?と思ってレンズを見たら、鏡筒がグラグラしてちょっと沈んだ状態だった。
うわぁ、さっき撮ったネコ、良かったのになぁと、気に入っていたシーンがあったので諦めきれずに戻ってみると、先ほどとは少し違う場所に移動して、その猫は寝そべっていた。
「さっきの奴、また来やがった」なんて眼で見られながらも撮らせて貰った。でも最初の方が確実に良かったなぁ(笑)
タグ:
# by kawamutsukun | 2020-09-05 17:20 | Leica | Trackback | Comments(2)