Slow Photo Life

タグ:神楽坂 ( 18 ) タグの人気記事

Two old cars

e0025893_21424495.jpg

orion-15/28mmF6


友人の個展を見に神楽坂へ行った。
遠野を題材とした作品は森山大道が記憶に新しいけれど、それとも全く違う遠野がそこにあった。

私が遠野を訪れたのは2011年の夏。
震災直後に気仙中学校に学用品を届けに行き、同じ年の8月に再訪した際に遠野に立ち寄ったのだった。
私の滞在時間はわずか数時間。
資料館とカッパ淵を見ただけで終わった遠野とは奥深さも写真の良さも桁違いだった。
by kawamutsukun | 2016-05-22 22:20 | other | Trackback | Comments(0)

Window

e0025893_1220635.jpg

Elmarit 28mm(2nd)




土曜日には在廊する予定です。

ひっそりと開催中です。
《リコー学部・学外展》女神と4人の従者たち
〈第一幕〉2/25(火)〜3/2(日)「君は天然色」
〈第二幕〉3/4(火)〜3/9(日)「思い出はモノクローム」
by kawamutsukun | 2014-02-27 00:00 | Leica | Trackback | Comments(8)

50mmは標準なのか

e0025893_235350100.jpg

いえ、私には望遠です。
by kawamutsukun | 2010-10-29 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)

遠いまなざし

e0025893_135396.jpg

そんな眼で見るなって・・・
by kawamutsukun | 2010-10-26 00:00 | Leica | Trackback | Comments(2)

萬国館

e0025893_21185427.jpg

GRD

今日、髪を切った。
いつもの床屋であったが、いつもの店員と違う。
店員:「長さはどうしますか?」
K:「ばっさりと、トップが立つくらいで」
店員:「バリカンは使ってもいいですか?」
K:「いいですよ♪」
ぶーーーーーーーーーーーーーーん・・・・


K:「・・・・・・・・・・・・」


ちょっと、短すぎないか!!!!?
by kawamutsukun | 2010-03-20 21:18 | GRD | Trackback | Comments(10)

神楽坂2

e0025893_23552925.jpg

GRD
by kawamutsukun | 2010-03-19 00:00 | other | Trackback | Comments(2)

EXIT

e0025893_05553.jpg

GRD
by kawamutsukun | 2010-03-18 00:00 | GRD | Trackback | Comments(0)

神楽坂

e0025893_18345146.jpge0025893_18351331.jpg
e0025893_18354116.jpge0025893_1836184.jpg

GRD
今日はhirotonさんが出展されているアユミギャラリーに行ってきた。
作品を鑑賞した後は、うららかな春の陽気に誘われるように、GRD片手に神楽坂をぶらぶら。
フィルムを入れたカメラも持っていったけど、今日はなんだかカラーな気分(笑)
※トマト缶だけ色味が違うのはご愛嬌♪(このカットだけ設定が違ってました・笑)
by kawamutsukun | 2010-03-16 18:39 | GRD | Trackback | Comments(11)

*玩具店

e0025893_23342048.jpg

神楽坂
Leica M2 snapshot skopar 25mmF4
kodak T-MAX100

神楽坂を飯田橋方面に向かって歩いていると懐かしい物が目に入ってきた。
ブリキでできたおもちゃ達がところ狭しと並んでいる。
もちろん、昭和の物ではなく新しく作られた物だとは思うけれど、なんとなく懐かしさを感じた。

この25mmは距離計が連動しませんので目測になるのですが、この時間になりますとさすがに距離も真剣に悩んで見当を付けています。
日中は3m付近に固定しておけば、無限から1mくらいまでは被写界深度に収まります。

More
by kawamutsukun | 2008-02-08 00:02 | Leica | Trackback | Comments(4)

*八百屋

e0025893_23484527.jpg

神楽坂
Leica M2 snapshot skopar 25mmF4
kodak T-MAX100

下町情緒を感じる要因の一つに〇〇屋さんの存在があります。
この八百屋さんのように専門の商品を対面で売る店が地域のお客さんとの接点というか対話というか、温かさを感じるのですね。最近は本当に少なくなってしまいました。
by kawamutsukun | 2008-02-07 00:01 | Leica | Trackback | Comments(4)