Slow Photo Life

タグ:所沢 ( 103 ) タグの人気記事

Fruit and vegetable shop

e0025893_2314730.jpg

Nikkor-UD Auto20mmF3.5
by kawamutsukun | 2016-02-25 00:00 | other | Trackback | Comments(0)

Clothes pins

e0025893_081715.jpg

Nikkor-UD Auto 20mmF3.5(Ai改)
by kawamutsukun | 2016-02-19 00:00 | other | Trackback | Comments(0)

Comparison play(50mm edition)

今回は50mmを取り上げました。
私にとって50mmとは長焦点レンズの感覚です。
28mmを常用してきたので余計にそう感じるのかも知れません。
最近は全く感じませんが、35mmですら窮屈に感じたことがありましたので尚更です。

長焦点として使うことが多い50mmですので、各レンズの開放とF4の描写を比べました。
注)Takmarは55mm

撮影条件:ISOは200、ホワイトバランス、露出はオート。絞り開放。

       RAWからの現像は初期設定のまま。切り出しの写真はピクセル等倍。
       ※画像はクリックすると拡大されます。

e0025893_101306.jpge0025893_102992.jpg

summilux(F1.4)

e0025893_1023724.jpge0025893_1025736.jpg

summar(F2)

e0025893_103155.jpge0025893_1033051.jpg

Takumar(F1.8)


e0025893_1034624.jpge0025893_104138.jpg

summilux(F4)

e0025893_1041589.jpge0025893_1043035.jpg

summar(F4)

e0025893_1044580.jpge0025893_105076.jpg

Takumar(F4)

Takmarも50年近く前の古いレンズで地元の中古カメラ店で1,000円で入手しましたが、100倍以上の価格差を描写で感じる事はありません。
(こんな事言っては方々から怒られそうですが・笑)
これだから、ジャンク沼から出る事が出来なくなるのでしょう。




by kawamutsukun | 2015-07-08 00:00 | Leica | Trackback | Comments(6)

Comparison play(28mm edition)

マウントの種類を問わず、もっとも多く所有しているレンズが28mmだ。
ずっとスナップを撮ってきた私にとって28mmは欠かせない焦点距離となっている。
今は手放してしまったがG-Biogonは歴代の28mmでも最も好きなレンズだ。
今日もジャンクの棚から、まだボディも手に入れてもいないのに、ロッコールの28mmを救出していまった(笑)

GXRのA12モジュールにアダプターを噛ましてTakumarの28mmを付けていたのを見てLeicaに使えることを発見し、所有の28mmの比較をしてみた。
今回はOrionは持ってきていないが、RokkorとTakumarの描写をご覧ください。

撮影条件:ISOは200、ホワイトバランス、露出はオート。絞り開放。

       RAWからの現像は初期設定のまま。切り出しの写真はピクセル等倍。
       ※画像はクリックすると拡大されます。

e0025893_8553592.jpge0025893_8555630.jpg

Elmarit

e0025893_8562093.jpge0025893_8565352.jpg

M-Rokkor

e0025893_8572044.jpge0025893_8573745.jpg

Takumar(第1世代)


TakumarはM42の最初期のレンズですが、破綻も全く無いように感じます。


次回は50mm編をお届けします(笑)

by kawamutsukun | 2015-07-07 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)

Red rusty cans

e0025893_22163719.jpg

elmar 9cm
by kawamutsukun | 2015-05-12 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)

Rivets

e0025893_1991095.jpg

elmar 9cm

S玉の田舎にある、とってもアメリカンな町。
並ぶ店は米軍住宅やアメリカンハウスを改装した、住居兼用のものが多い。
オーナーの趣味が色濃く反映したこだわりのSHOPは、並ぶ品もこだわりが感じられて面白い。
ガレージに並ぶ車も個性的なものが多く、本当に外国に来たかのように空目してしまうほどだ。
by kawamutsukun | 2015-05-11 00:00 | Leica | Trackback | Comments(2)

Fringed iris

e0025893_10141391.jpg

SWH(L)

シャガ。漢字では「射干」と書くが、「フリンジ・アイリス」と訳される英名の方がしっくりくる。
by kawamutsukun | 2015-04-30 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)

SakuraFubuki

e0025893_1445491.jpg

summilux 50mm(1st)

私はあと何回、桜を撮ることが出来るのだろうか・・・。
by kawamutsukun | 2015-04-08 00:00 | Leica | Trackback | Comments(4)

snow day #2

e0025893_1556139.jpge0025893_15561610.jpg
e0025893_1556279.jpge0025893_1556404.jpg

by kawamutsukun | 2015-02-01 00:00 | other | Trackback | Comments(0)

Corridor

e0025893_2240585.jpg

summilux50mm(1st)


市内にある某高校の文化祭に行ってきた。
この高校は公立ながら芸術を専攻する珍しい高校だ。
ここの写真部は今年の写真甲子園にも選抜され素晴らしい成績を残したが、それ以外の写真コンクールなどにも多数参加し、個人でも優秀な成績を残している。

ただ残念なのは、来春卒業する三年生を最後に銀塩写真をやる生徒がいなくなり、デジタルに移行するというのだ。
デジタルでも素晴らしいモノクロ作品を展示していた生徒さんがいたので、是非とも銀塩でもやってもらいたいものだ。

高校自慢の暗室の写真
by kawamutsukun | 2014-09-28 00:00 | Leica | Trackback | Comments(2)