Slow Photo Life

<   2016年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Participate in photo exhibition with FED 5B

e0025893_11382467.jpg

今回で3回目の開催となる「駄カメラ写真グループ展3rd」の前期に参加します。
有名な写真家の先生方に混ざり、四切ノートリミングの作品を展示致します。
駅からも近く、平日は21時まで開いていますので是非、お越しください。

写真のFED5Bは私にとって二台目のFED。
以前所有していたFED2に比べ、機械として多少の進歩を感じますがチープ感満載のカメラです。
ボディはやや大柄で、LeicaでいうところのM5のような存在感です。
FED5にはいくつかのバリエーションがあるようですが、これは露出計を廃した廉価版の為に外観もシンプルです。
撮影に使用した標準レンズのINDUSTAR55mmですが、私が苦手とする焦点距離と距離計の醜さが相まって撮影には難儀しましたが、Russar20mmやOrion28mmとファインダーを付けて目測でスナップするには良いカメラになるでしょう。
by kawamutsukun | 2016-11-30 00:00 | other | Trackback | Comments(0)

ART

e0025893_11145996.jpg

Russar 20mm/5.6
「ART」。この店の屋号であって扱っている品物とは関係ないが、この佇まいはアートと言えなくもない、かな。
by kawamutsukun | 2016-11-29 00:00 | other | Trackback | Comments(0)

Rainy day #3

e0025893_10145058.jpg

Russar 20mm/5.6
またもや踵を痛めてしまった。どうも、ブーツとの相性が良くないようだ。
by kawamutsukun | 2016-11-25 00:00 | other | Trackback | Comments(2)

Under the guard

e0025893_191509.jpg

super-augulon 21mm/3.4
by kawamutsukun | 2016-11-24 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)

Rainy day #2

e0025893_065459.jpg

Russar 20mm/5.6
by kawamutsukun | 2016-11-23 00:00 | other | Trackback | Comments(0)

VW

e0025893_10192087.jpg

Russar 20mm/5.6
車には乗ってみたい車と欲しい車があるけれど、VWのバンは間違いなく欲しい車だ。
これに撮影機材とキャンプ道具を積んで、のんびりと日本全国を回ってみたい。
by kawamutsukun | 2016-11-22 00:00 | other | Trackback | Comments(3)

chief

e0025893_2030196.jpg

super-angulon 21mm/3.4
夕べはすっかり飲み過ぎてしまい、目覚めたのは10時を過ぎていた。
こんな時間まで寝る事なんて、年に一度あるかないか。
夜中に二回目が覚めて起きたのは覚えているけれど、まさかこんな時間まで寝ていたとは思いもよらなかった。
今日は銀座のニコンサロンで開催中の「杜」を見に行く予定を立てていたのだ。
作家の加藤國子さんは、日々MAMIYA7を担いで近江周辺の社をフィルムに収めていらしている。
その仕事ぶりは、新宿のプレースMで拝見して以来すっかりファンになり、目が離せない存在となった。
加藤さんにはファンが多く、お客様も切れないのでお話する時間もなくギャラリーを後にした。

昨夜、酔った体で通った新橋のコリドー裏を逆に歩き、一匹の主に出会った。
by kawamutsukun | 2016-11-21 00:00 | Leica | Trackback | Comments(2)

Rainy day

e0025893_11144510.jpg

Russar 20mm/5.6
雨男と言われて久しいが、今日も週末のこの日だけが冷たい雨になる予報で、なかなかの雨男降りを発揮した。
今日はピアニストのトニーさんと友人で、毎年恒例の下町写真散歩に出かけた。
もう一人の雨男I氏は雨になることを見越し、トニーさんの為にサプライズを用意していた。
秋葉原にある高級オーディオ専門店に我々を招き入れて、午後に予定されていたTADの試聴会まえにTADの社長およびお店スタッフのご好意でトニーさんのCDを聴く機会に恵まれた。
最適にセッティングされた部屋で、ハイエンドのオーディオから流れるモーツァルトを聴くと、ご本人が隣に座っているのに目の前で演奏しているかの錯覚を覚えるほどの臨場感。
ペダルを踏むわずかなノイズさえ逃さず聞こえてくるのには驚いた。
さすがにトニーさんもご自身の演奏にうっとりと聞き入っていたのが印象的だった。
by kawamutsukun | 2016-11-20 00:00 | other | Trackback | Comments(2)

Anchor

e0025893_23502665.jpg

Russar 20mm/5.6
by kawamutsukun | 2016-11-19 00:00 | other | Trackback | Comments(2)

360

e0025893_2328525.jpg

Russar 20mm/5.6
by kawamutsukun | 2016-11-18 00:00 | other | Trackback | Comments(2)