Slow Photo Life

<   2015年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Hot day#5

e0025893_10402092.jpg

super-angulon21mm/3.4
by kawamutsukun | 2015-07-29 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)

Hot day#4

e0025893_1014489.jpg

super-angulon21mm/3.4
by kawamutsukun | 2015-07-28 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)

Hot day#3

e0025893_9243738.jpg

super-angulon21mm/3.4
by kawamutsukun | 2015-07-26 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)

Hot day#2

e0025893_9214544.jpg

super-angulon21mm/3.4

PCの調子があまり良くありません。
今のマシンに替えてから6年程経つので、そろそろ次のマシンを選択する時期かも知れません。
Win10の登場でWin8が安くなるという噂も耳にします。
Macでも良いのでしょうが、仕事との兼用を考えると、どうしてもWin機を選択してしまいます。
Officeが使えればWin機でもMacでも良いのですが、さてどうしましょうか。

昔、LinuxというOSを搭載したworkstationをデータ管理に使っていました。
アパレルの仕事でも商品管理には膨大なデータを使用しますので、データは出来るだけ軽く扱える方が良く、データはテキストが主体でした。。
洋服を管理する場合には大きな大分類から中分類、小分類から単品と落とし込みます。
大分類はトップスかボトムスか。
中分類はトップスならば羽織物か被り物か。
小分類は被り物ならばカットソーかニットか、という風に分けてゆき、さらにその中を細分化してゆきます。
それを分類毎に数字で表します。
単品で管理する要素は大きくはサイズとカラーで分類します。
例えば、トップスのMサイズならば0204、黒なら49と言った感じです。
ボトムスならウエスト63cmレングス72cmでしたら6372と表記します。
商品に付いているタグを見るとこうした数字が並んでいるのに気付くと思いますが、内容はほぼ同じです。
全て数字で管理できるのでOSもLinuxで十分だった訳ですが、このデータを活用するにはOfficeが必要になってくるのです。テキストをExcelに取り込んで加工して使っていました。

会社のPCもようやくXPから脱却し新型に切り換わりますが、いきなりWin10だったら戸惑いますかね?(笑)
by kawamutsukun | 2015-07-24 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)

Wind chime

e0025893_918538.jpg

summilux 50mm(1st)
by kawamutsukun | 2015-07-22 00:00 | Leica | Trackback | Comments(3)

Hot day

e0025893_10165832.jpg

super-angulon21mm/3.4

梅雨が明けました。
苦手な真夏の到来です。

更新がますます滞ります(笑)
by kawamutsukun | 2015-07-20 00:00 | Leica | Trackback | Comments(2)

Comparison play(50mm edition)

今回は50mmを取り上げました。
私にとって50mmとは長焦点レンズの感覚です。
28mmを常用してきたので余計にそう感じるのかも知れません。
最近は全く感じませんが、35mmですら窮屈に感じたことがありましたので尚更です。

長焦点として使うことが多い50mmですので、各レンズの開放とF4の描写を比べました。
注)Takmarは55mm

撮影条件:ISOは200、ホワイトバランス、露出はオート。絞り開放。

       RAWからの現像は初期設定のまま。切り出しの写真はピクセル等倍。
       ※画像はクリックすると拡大されます。

e0025893_101306.jpge0025893_102992.jpg

summilux(F1.4)

e0025893_1023724.jpge0025893_1025736.jpg

summar(F2)

e0025893_103155.jpge0025893_1033051.jpg

Takumar(F1.8)


e0025893_1034624.jpge0025893_104138.jpg

summilux(F4)

e0025893_1041589.jpge0025893_1043035.jpg

summar(F4)

e0025893_1044580.jpge0025893_105076.jpg

Takumar(F4)

Takmarも50年近く前の古いレンズで地元の中古カメラ店で1,000円で入手しましたが、100倍以上の価格差を描写で感じる事はありません。
(こんな事言っては方々から怒られそうですが・笑)
これだから、ジャンク沼から出る事が出来なくなるのでしょう。




by kawamutsukun | 2015-07-08 00:00 | Leica | Trackback | Comments(6)

Comparison play(28mm edition)

マウントの種類を問わず、もっとも多く所有しているレンズが28mmだ。
ずっとスナップを撮ってきた私にとって28mmは欠かせない焦点距離となっている。
今は手放してしまったがG-Biogonは歴代の28mmでも最も好きなレンズだ。
今日もジャンクの棚から、まだボディも手に入れてもいないのに、ロッコールの28mmを救出していまった(笑)

GXRのA12モジュールにアダプターを噛ましてTakumarの28mmを付けていたのを見てLeicaに使えることを発見し、所有の28mmの比較をしてみた。
今回はOrionは持ってきていないが、RokkorとTakumarの描写をご覧ください。

撮影条件:ISOは200、ホワイトバランス、露出はオート。絞り開放。

       RAWからの現像は初期設定のまま。切り出しの写真はピクセル等倍。
       ※画像はクリックすると拡大されます。

e0025893_8553592.jpge0025893_8555630.jpg

Elmarit

e0025893_8562093.jpge0025893_8565352.jpg

M-Rokkor

e0025893_8572044.jpge0025893_8573745.jpg

Takumar(第1世代)


TakumarはM42の最初期のレンズですが、破綻も全く無いように感じます。


次回は50mm編をお届けします(笑)

by kawamutsukun | 2015-07-07 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)

Line of sight

e0025893_1649194.jpg

Rollie 35(Tessar40mm)
by kawamutsukun | 2015-07-05 00:00 | other | Trackback | Comments(0)

Tam tam bar

e0025893_9473998.jpg

summicron35mm(2nd)
by kawamutsukun | 2015-07-04 00:00 | GXR | Trackback | Comments(2)