Slow Photo Life

カテゴリ:YASHICA MAT( 66 )

*埋もれてたネガ

e0025893_2247130.jpg

山下公園~’05.12~
YASHICA MAT 124G YASHINON 80mmF3.5
kodak BW 400CN

写真家の田村彰英さんが主催する「暗室講習会」用にプリントしたいネガのセレクトをしていたのですが、あまりというかほとんど整理をしていなかったので、目的のネガを探すのに苦労していました。
HCLの黄色い袋を開けてはネガをライトテーブルに広げて、とりあえず大まかな日時と撮影地、カメラ名を淡々と袋に記入していく作業を続けていました。
しばらく作業を進めると、このところ目にしなかった近所のラボの袋がまとまって出てきたんです。
中を開けてみますと、濃いオレンジ色のネガが・・・。中身の正体はC41の現像処理をするモノクロのネガでした。
このネガは丁度中判を始めたばかりのころに、現像の手間がかからないお手軽フィルムとして愛用していたコダックのBW400CNなんですが、ベースがオレンジ色をしているためにモノクロ印画紙では綺麗なプリントを作ることができないんですね。それに気付いたあとは同じC41処理でもベースがグレーのイルフォードに変え、HCL処理を知ってからは今のT-MAXに変更しました。
またこの頃は35mm用のフィルム専用のスキャナは持っていたのですが、ブローニー対応のスキャナを持っていませんでしたので、ブログにアップすることもありませんでした。

このカットはモノクロプリントされることの無い可愛そうなネガからのスキャン。

More
by kawamutsukun | 2008-01-28 23:06 | YASHICA MAT | Trackback | Comments(6)

e0025893_1011755.jpg

<新潟県 片貝>
YASHICA MAT 124G/YASHINON 80mmF3.5
ILFORD XP2 SUPER

祭囃子を遠くに聞きながら、片貝の町の中を歩いて見た。
広い県道を避けて集落の中に入っていった。
大きなケヤキや杉の林の中に古い建物が見えたので向かっていくと
使われなくなった蔵が姿をみせた。
by kawamutsukun | 2006-10-02 10:02 | YASHICA MAT | Trackback | Comments(6)

古民家其の弐

e0025893_11292722.jpg

<新潟県 片貝>
YASHICA MAT 124G/YASHINON 80mmF3.5
ILFORD XP2 SUPER

風雪に晒され、木目が顕になった家
その木目の一つ一つが美しい
by kawamutsukun | 2006-09-30 11:31 | YASHICA MAT | Trackback | Comments(6)

集会場

e0025893_837591.jpg

<新潟県 片貝>
YASHICA MAT 124G/YASHINON 80mmF3.5
ILFORD XP2 SUPER

花火が奉納される浅原神社の境内にあった集会所
ジャングルジムやシーソーなどの小さい遊具がポツリと置かれていた
壁にかけられた時計の時間は午後2時29分
花火の打ち上げまでまだ5時間もある
コシヒカリで作った「エチゴビール」とイイダコが一匹ずつ入った大きなたこ焼きで
打ち上げまでの時間を過ごそう
by kawamutsukun | 2006-09-27 08:49 | YASHICA MAT | Trackback | Comments(2)

古民家

e0025893_22172111.jpg

<新潟県 片貝>
YASHICA MAT 124G/YASHINON 80mmF3.5
ILFORD XP2 SUPER
by kawamutsukun | 2006-09-26 22:24 | YASHICA MAT | Trackback | Comments(4)

参道

e0025893_22503314.jpg

<新潟県 片貝>
YASHICA MAT 124G/YASHINON 80mmF3.5
ILFORD XP2 SUPER
by kawamutsukun | 2006-09-25 22:52 | YASHICA MAT | Trackback | Comments(2)

片貝祭り

e0025893_22373965.jpg

<新潟県 片貝>
YASHICA MAT 124G/YACHINON 80mmF3.5
ILFORD XP2 SUPER

新潟県長岡市に隣接する小さなこの町はNHKの朝の連続ドラマ「こころ」の舞台になった所だ。
世界で一番大きい四尺玉の花火が打ち上げられる花火の町として有名である。
片貝の花火は奉納花火と呼ばれ、花火は神社に「奉納」されるという形で打ち上げられる。
大掛かりな仕掛花火や派手なスターマインは無いが、一発一発に込められた奉納の思いを感じながら味わう花火は格別のものがある。


午後7時半の打ち上げまでまだ6時間もある。新潟名産のコシヒカリを使った地ビールを片手に祭りの雰囲気を楽しみながらシャッターを押していった。
by kawamutsukun | 2006-09-22 22:39 | YASHICA MAT | Trackback | Comments(4)

浮き球

e0025893_9155227.jpg

<新潟県 笠島>
YASHICA MAT 124G/YASHINON 80mmF3.5
ILFORD XP2 SUPER

信越線と崖の間にある小さな小さな集落。線路の向こうには小さな砂浜と港がある。
一体、何件くらい漁業を営んでいるのか。
立ち並ぶ民家に漁業を感じさせるものはほとんど無かった。
by kawamutsukun | 2006-09-21 09:20 | YASHICA MAT | Trackback | Comments(2)

飛び出し注意

e0025893_759958.jpg

<新潟県 笠島>
YASHICA MAT 124G/YASHINON 80mmF3.5
ILFORD XP2 SUPER
by kawamutsukun | 2006-09-20 08:00 | YASHICA MAT | Trackback | Comments(4)

1965-9

e0025893_1802549.jpg

<新潟県 笠島>
YASHICA MAT 124G/YASHINON 80mmF3.5
ILFORD XP2 SUPER

信越本線の下の短いトンネルをくぐると、小さな港がある。
ここでの獲物はアジにカマス、イナダにサワラ。
遊んでくれた魚はその場でお帰り頂く。
休日には釣竿を片手にのんびりと過ごしたものだ。
by kawamutsukun | 2006-09-18 18:09 | YASHICA MAT | Trackback | Comments(2)