Slow Photo Life

庶民の台所

e0025893_1910414.jpg

ジョイフル三ノ輪
CL/50mm summitar F2
TX
景気が悪くなると、無駄なものを買わなくなるのは普通のことですね。
昔はその日に必要なものを必要なだけの量を買っていた。
肉だって野菜だって魚だって必要なだけ買えば良かった。

この商店街には八百屋さんも魚屋さんも肉屋さんも、総菜屋さんだってたくさんある。
今日使う分だけ、必要な量だけを買うことができる。

毎日のお使いは面倒かも知れないけれど、無駄は確実に減るような気がするなぁ。。。
by kawamutsukun | 2008-12-23 00:00 | Leica | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/9260819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みら at 2008-12-23 02:10 x
おお、この秤が何か懐かしー。
これでハエ取り紙が吊るされてたら「三丁目の夕日」ですね(笑

こういうお店少なくなってきましたよね。

Commented at 2008-12-24 19:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-12-26 14:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kawamutsukun at 2008-12-28 17:54
*みら様
この界隈にはこうした商店が残っていて、庶民の胃袋を支えています。
さすがに捕虫紙は下がっていませんでしたね(笑)
Commented by kawamutsukun at 2008-12-28 17:55
*鍵様
お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。