Slow Photo Life

台風一過

e0025893_2175241.jpg

9月20日の空
M2 / 25mm snapshot-skopar F4
kodak T-MAX400-2





昨日から老人保健施設に入所している母親を一時帰宅させた。
一昨年の10月末にくも膜下出血で倒れ、リハビリを重ねてきたが日常生活が出来ない体になってしまった。
頭の中に髄液が溜まり脳圧が上がると、意識や動作が鈍ってしまう。
食事も自分では取れず、介助を必要とする。
そんな母だが、この26日に誕生日を迎えるので、そのお祝いをしようと帰宅させたのだ。

昨日は台風が接近し夜は雨も酷くなって心配していたが、今日は台風一過で秋らしい空が広がった。夕べは時折強く屋根を叩いた雨に目を覚ますこともあったが、今朝の清々しい風に気持ちよく目を覚ませたようだ。

この所は以前に比べて受け答えがスムーズに行くようになってきた。
脳圧をコントロールするシャントの調整を3ヶ月ごとにしているのだが、今は比較的うまくいっているようだ。

倒れる前の生活が出来るようになるのは無理かもしれない。
でも少しでも自分のことが出来るようになってくれればと切に願う。
by kawamutsukun | 2008-09-20 21:20 | Leica | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/8642774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sa55t at 2008-09-20 21:30
お母様と会話が出来るのが羨ましいです。
うちの母は脳溢血で倒れ、4年間意識が戻らないままでした。
Commented by kawamutsukun at 2008-09-20 21:42
*sa55t様
4年間の闘病と介護の生活、心中察するに余りあります。
母は一人では何も出来ない不自由な体になってしまいましたが、生きていてくれることに感謝しています。