Slow Photo Life

It can not be done.

e0025893_2325522.jpg

Auto-Nikkor 35mm/2 Ai改

路面やモール内に店舗を構える某写真店でロモグラフィ製のフィルム現像を頼んだら
「現像液が痛むのでお受けできません」と断られた。
ロモって、そんな有害なフィルムを作っているのか?
そんなわけないでしょ。
納得できる回答が欲しいから、本社にクレームのメールを入れた。
さて、回答は如何に。
by kawamutsukun | 2017-10-25 00:00 | other | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/26131682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cobag2 at 2017-10-25 09:52
それなないですよね!
どんな回答が来るのか気になります、回答が来たらぜひ教えて下さいませ^^
Commented by kawamutsukun at 2017-10-26 22:34
*cobag様
こんな回答が来ました。

「いつもカメラの〇〇〇〇をご利用頂き、ありがとうございます。
私はカメラの〇〇〇〇西千葉ブロック責任者の▽▽と申します。

この度は店頭での対応、メールでの対応と明確なお答えができず、
大変申し訳ございませんでした。
□□に代わり、ご返答させていただきます。

ロモグラフィーの現像に関してですが、ロモのフィルムの種類が多く、
クロス現像対応フィルムや乳剤面反転フィルムがあり、
店舗での判別がしにくいために、コダックによる外注仕上げとしております。
(過去にトラブルもあったためです)
「現像液が痛む」と表現してしまったのは間違いもあるかもしれませんが、
反転フィルムだと乳剤面に傷が入ったり、剥がれたりする場合もあります。
クロス現像になってしまった場合も液に影響が出ないとは言い切れません。

コダックでの対応にする理由ですが、クロス現像の対応ができるのが
コダックになりますので、お預かり時の間違いなどのリスクを回避するために
コダックでの対応とさせて頂いております。

この度は、店頭にて明確なお答えができず、大変申し訳ございませんでした。
貴重なご意見を頂きまして、ありがとうございました。

今後ともカメラのキタムラをよろしくお願いいたします。

釈然としませんよね(笑)
Commented by cobag2 at 2017-10-27 10:53
早速、事の顛末を有り難うございます、
何ともはや釈然としないですね、何れにせよ私はどんな美辞麗句を使おうと
流行りの言葉で言えばお客様ファーストではない上から目線姿勢が前面に出た
回答だと思います^^; そもそも接客した方が確信的に「現像液が傷む」と
言い切った根拠はどこにあり、誰がそう接客するよう教育したのかが問題です。
「当店ではロモのフィルムは怖くて受注出来ません」と大書すべきでしょうね、
元々受注出来る出来ないはロモとカメラの◯◯◯◯との問題であってユーザーの
選択にはなんのエラーも無いわけですから・・・(汗;)
小池さんの「排除します」の様に言葉一つで一夜にして空気ががらっと変わって
しまった例もありますし、そんなこんなも含めてフィルムを取り巻く環境の劣化が
一段と進んでしまっているいい例かと思いました。
愚痴っぽくなってしまいましたがリコメ、有り難うございました^^
いつも読み逃げばかりでスミマセン^^;
Commented by kawamutsukun at 2017-10-28 00:03
*cobag様
コメントありがとうございます。
本当に、何の答えにもなっていないので、もう少し聞いてみたいと思っています。
私はただ普通に現像してほしいと言っているだけなのにこの返答では納得できません。
なんの為に誰でも認識できるC-41というプロセスがあるのかがないがしろにされています。