Slow Photo Life

A turning point

e0025893_11434423.jpg

summilux 35mm(1st)






人生二度目の入院をした。
一回目は3~4歳の時のそけいヘルニア。
二度目の今回は「左下肢深部静脈血栓症」「肺動脈血栓塞栓症」
俗に言う「エコノミークラス症候群」というやつだ。

発症の数日前、「サービス介助士2級」なる資格を取るべく実技講習を受けていた。
介助に必要な基本的な知識と実技を学ぶものだが、母の介助でも車いすの扱いや移乗のコツなどを学べる良い機会だと思ったのだ。
その実技講習の中で、参加者全員が介助者や被介助者の役になり、段差の越え方、階段の上り下りの仕方、移乗の仕方を実際に人を乗せて学ぶのだが、普段はあまり使わない筋肉が悲鳴上げて脚が筋肉痛を起こしたと思っていた。
パンパンに張った脹脛と太腿は風呂に入ってマッサージし、リラックスしたら元に戻ってきた。
ところが次の日、階段の上り下りをしただけで、無理やり空気を入れた自転車のタイヤのように腫れあがってきた。
これはイカンと整形外科にいったところ「これはウチじゃないな。すぐに大きな病院に行きなさい」と言われ、すぐさま近くの総合病院に。そこで血液を採られ、エコーを見たら「血栓が詰まってる可能性がある。明日精密検査するから来なさい」ですと。
次の日重い足を引きずりながら検査を受けに行き、点滴を二時間、CTスキャン、また点滴2時間落とした後に診察室に呼ばれると・・・
D:「今日このまま入院しなさい。」
K:「今日ですか?」
D:「そう!」
K:「ホントに今日ですか?」
D:「そう!。病名は左下肢深部静脈血栓症に肺動脈血栓塞栓症」

という事で、とにかく血栓を溶かす点滴を24時間7日間打ち続け、その後内服薬に代わって本日12日間の入院生活が終わりました。
看護師さん曰く「今だから言えるけど、先生がメッチャ強い薬で血栓を溶かしたからこれで済んでいるんですよ~」「運が悪かったら死んでるからね」と笑って言われました(怖)
少し体調を整えてから社会復帰したいと思います。
by kawamutsukun | 2017-09-02 00:00 | Leica | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/26020448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bw02yoko at 2017-09-03 00:11 x
久しぶりにこちらのブログに来ましたら、入院されたとのこと。それもかなり長期のご様子。でも、お医者さんが的確に診断・治療してくれて良かったですね。やっぱり運ってあると思います。私なども年齢的に、いつ病気になってもおかしくないと思っています。健康で普段の生活が出来たら幸せですね。お大事になさってください。
Commented by かわせみ at 2017-09-03 08:03 x
大事に至らず何よりです。復帰したらまた遊びに行きましょう。
Commented by kawamutsukun at 2017-09-03 10:50
*yokoさま
まさかが突然やってきてしまいました。
初診の整形外科医が適切に指示をしてくれたお蔭で助かりました。
yokoさんもお気を付け下さいね。
Commented by kawamutsukun at 2017-09-03 10:51
*かわせみさま
会議でお会いした直後の出来事でした。
あの日も兆候は出ていたんです。
復活したら走りに行きましょう。
Commented by apertura28 at 2017-09-05 18:29
kawamutsuさん
大変でしたね。血栓は怖いので、早く手当が出来てよかったです。
しばらくはお大事にしてください。
Commented by muya3094 at 2017-09-05 23:33
遅まきながらお見舞い申し上げます
大事に至らなくて本当に良かったですねぇ!
初期診察は大事ですね・・・
お好きなラーメンもしばらく控えられたほうが
よさそうですが・・・(苦笑)
でも食と運動は本当に大事ですからね!!!
きちんと治されてから復帰されますように♪
Commented by kawamutsukun at 2017-09-06 09:36
*apertura28さま
ありがとうございます。
本当に今回は「運」が良かったです。
後から聞いた看護師さんの言葉に今でもゾッとします。
Commented by kawamutsukun at 2017-09-06 09:38
*muyaさま
ありがとうございます。
ラーメン、考えてしまいますね・・・。
少なくとも背脂チャッチャ系は避けてあっさり系にしようかと思います(笑)