Slow Photo Life

Corridor

e0025893_2240585.jpg

summilux50mm(1st)


市内にある某高校の文化祭に行ってきた。
この高校は公立ながら芸術を専攻する珍しい高校だ。
ここの写真部は今年の写真甲子園にも選抜され素晴らしい成績を残したが、それ以外の写真コンクールなどにも多数参加し、個人でも優秀な成績を残している。

ただ残念なのは、来春卒業する三年生を最後に銀塩写真をやる生徒がいなくなり、デジタルに移行するというのだ。
デジタルでも素晴らしいモノクロ作品を展示していた生徒さんがいたので、是非とも銀塩でもやってもらいたいものだ。



ラッキー90MDがずらりと並ぶ。
超大型のシンクに並べられたバット。
この裏にも同じように90MDが並び、両側からプリントできる余裕のスペース。
驚いたのは引伸のレンズ。
標準はすべてNikkor63mmという贅沢さ。
e0025893_2242596.jpg

by kawamutsukun | 2014-09-28 00:00 | Leica | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/22427716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tetu at 2014-10-01 19:51 x
高校の部活にもかかわらずかなりのレベルでしたね。

自身の高校時代・・・・
銀塩写真・暗室作業・・・・
あれだけ熱中していていつまでも存在しているつもりだったに・・・・

最後に暗室作業を経験してから20余年・・・・
気が付けば加齢とともに愛用のカメラもすっかり軽量・合理化・・・・
昭和から平成へ時代は確実に過ぎてきたのですね。

近年、歳のせいか?文化祭見学にハマってます。
年に一度、「充実して楽しかった頃」に戻れる空間が心地よいのです。
うーんっ、ちょっと疲れてるのカナ?

またご一緒しましょう。
Commented by kawamutsukun at 2014-10-02 09:26
*tetu様
先日はありがとうございました。
しかし見事な内容の展示でしたね。
高校生らしい若々しさの中にも作品としての完成度の高さもあり、レベルの違いを見せつけられました。

我々の時代は当たり前だった銀塩が、今では特殊なものになってしまったのは淋しいものです。
流石に昔の様に、モードラ付きのF1にブロニカとは言わないまでも、たまにはコンデジではなく、フィルムカメラにレンズ一本つけて歩くのも楽しいですよ。

今度は町歩きでも行きましょう。