Slow Photo Life

My town#13

e0025893_22432054.jpg

super-angulon 21mm/3.4
by kawamutsukun | 2013-12-03 00:00 | Leica | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/21404360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by m_leica at 2013-12-03 08:57
おはようございます。
古びた庭先でも
よく手入れがされているのが
見て取れます。
裏庭がオープンなのも
いかにも昔風で、ほっとしました。
Commented by kawamutsukun at 2013-12-03 10:55
*m_leica様
ここも先日と同じ、鶴見線の電車の高架下の住宅なんです。
屋根の上を電車が通っているんですよ。
裏庭というよりは、駅に向かう人が通る道になっていますね。
Commented by cobag2 at 2013-12-03 19:45
黒澤明の「天国と地獄」、山崎努のむせ返るようなアパートもこんな下町でしたね、
あれも舞台は鶴見ではなかったでしょうか?
丘の上の豪邸を睨みつける眼光が今でも記憶に生々しいです。

モノクロでなければ描写出来ない下町の雰囲気と撮り手の意図が
ビシビシ伝わって来ます^^
Commented by kawamutsukun at 2013-12-04 10:18
*cobag2様
天国と地獄の舞台が鶴見だったかは失念しましたが、昭和の四畳半が当たり前のアパートの風情がありますね。
住めば都と申しますから、お住まいの方には離れ難い都なのでしょう。
ガーデニングの様には行き届いてはいない花々も却って親しみや温かさを感じます。