Slow Photo Life

木星をAEで使う

e0025893_0295414.jpg

Jupiter-12 35mm/2.8





本当にAEは使えないのか?というのは常日頃から思っていたにも関わらず、試しに撮ってみることもしなかったのだが、いわゆるカメラの素振りをしていたら『おや?』と思った。
どうも露出が適正に見えたので絞りを変えて素振りしてみたら、これまたどうも合っているように見える。
付いていたレンズはコイツで、極端に後玉が出ているおかげで受光素子をふさいでいる『はず』だ。
e0025893_043459.jpg

ところがどうしたことか、色々なものに向けて撮ってみてもそれなりに写っているように見える。
ズマロンと同じようにAEが使えるならこんなにイイことはない。
もっと持ち出してあげないと。
by kawamutsukun | 2013-02-02 02:02 | Leica | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/19722547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by いつも写真少年 at 2013-02-05 21:46 x
こんばんは。

いつも写真少年は、陶器、磁器、ガラスの中でガラスが一番好きです。

だから写真に写るグラスの輝きを見ただけで、ニッコリとしてしまいます。

自然光と人工光、手前から奥からの光が混じって、カラーだと気持ち悪い色調になるでしょうね。B&Wだから清潔感が伝わってきます。
Commented by kawamutsukun at 2013-02-07 09:41
*いつも写真少年様
私もガラスを好んで撮りますが、光源に左右されないモノクロの方が合っていますね。