Slow Photo Life

Holes in the city #5

e0025893_22204376.jpg

Orion-15 28mm/6





今日は同郷の若手写真家である内野知樹さんの個展『武蔵野』を観に埼玉県立近代美術館に出かけてきた。
武蔵野と言われている多摩川以北から荒川までの広い範囲を、電車と徒歩で歩き『淡々と』記録した作品群だった。
『淡々と』というのはあくまでも私の私見であり、なぜそう感じたかというと、B2に伸ばされた40枚すべての作品が『アイレベル』でカメラをむやみに振ることもなく、只々真っ直ぐに前を見据えて風景を捉えていたからだ。
画には奇を衒うような事もなく、本当に正直にありのままの武蔵野が収められている。
『1枚1枚にはパンチが無い』とは本人の談だが、こういう写真は『淡々と』記録を重ねる方がまとまった時のパンチは大きいものになる。
今回の作品もこれで終わりという事でなく、撮り貯めて行ってもらいたいものだ。

それにしても身近な風景でありながら見応えのある展示だった。
by kawamutsukun | 2013-02-01 00:00 | Leica | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/19715770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]