Slow Photo Life

Eye measurement #5

e0025893_0253438.jpg

PORTRA 160
Biogon 38mm/4.5(NonT*)

店内の椅子に狙いを定め、文字通りの『目測で』ピントを合わせてみる。
いつもより1.5絞りほど低い感度のフィルムで慎重にかつ大胆に切り取ってみる。

当たれば文句ない結果なのだろうが、外せばただのピンボケ写真。

この緊張感がイイのかも知れないな。
by kawamutsukun | 2012-12-25 00:00 | HASSELBLAD | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/19404667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ら・ぺるら at 2012-12-25 03:10 x
この一枚、素敵ですね。
昔、おきピンでスナップ取ってた人は、ピントには苦労しないので、あの赤い爪が動く実用性は、とてもありがたいです。
頭で考えないで機械的に被写界深度を決められる機械ですから、とても使いやすい。
でも、フィルム通す人は確実に減る訳で、大いに気に入っていただいて、フィルムをがんがん通してください。使った人がみな言うように、写真趣味の最高の道具の一つだと思うのですよ。
早歩きで移動しながら、脇でカメラを押さえながら素早くフィルム交換できるのも、このカメラの特徴です。
Commented by osamu_the_wizard at 2012-12-25 09:22
こういうの有ります^^;要らね〜
http://www.amazon.co.jp/dp/B007RV7ZSU/ref=asc_df_B007RV7ZSU708158?smid=AN1VRQENFRJN5&tag=hydrajppla-22&creative=9407&creativeASIN=B007RV7ZSU&linkCode=asn&hvpos=1o1&hvexid=&hvnetw=g&hvrand=549166309666497523&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=
Commented by kawamutsukun at 2012-12-25 10:27
*ら・ぺるら様
ありがとうございます♪
D50mmでスナップしていた時も赤い爪を頼りにしていましたが、本当に便利ですね。
しかも小さなバッグに収まる大きさ軽さも魅力です。
今年一年35mmばかりでしたから、来年はコイツを使い込もうと目論んで居ます。
Commented by kawamutsukun at 2012-12-25 10:33
*osamu様
あはは、超音波とかレーザーとか価格もピンキリでありますね。
ただ実用性はどうでしょう。SWC本来の建築写真とか屋内なら有効かも知れませんが、スナップだと測ってるうちにチャンスを逃しちゃいそう(笑)
ヘリコイド見ると分かりますが本当にしっかりと距離を合わせたいのは近距離なんですよ。
その時用にフォーカシングアダプターを手に入れました。
ただ暗過ぎて全く見えませんが(笑)
Commented by kaori_thank_u at 2012-12-25 14:07
なるほど〜...
そんな風に楽しむんですね♪
Commented by kawamutsukun at 2012-12-26 10:49
*kaori様
このカメラは元々は歪みのないレンズを作る目的で作られたので建築写真に多く使われたのですが、我々アマチュアはスナップを居合抜きのように撮るために使います。
ピントを固定して撮るのは軽快でイイもんですよ♪
Commented by いつも写真少年 at 2012-12-26 23:31 x
こんばんは。

この写真では、ピントも色調もいい感じですね。

窓枠や外壁の水色などは、優しい色合いに仕上がっています。

外の気温は寒いが、ホッと出来る写真です。
Commented by kawamutsukun at 2012-12-27 11:53
*いつも写真少年様
これは中のカウンター辺りにピントがくるように目測したのですが、中々うまい処に合ってくれました。
潮風にさらされていい感じに剥がれたペンキの風合いが良かったです。