Slow Photo Life

尾道#2

e0025893_22365752.jpg

M-Rokkor 28mm/2.8






尾道と言えば大林宣彦監督の尾道三部作を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
当然私は最初の三部作を思い浮かべ、中でも最初の『転校生』と『時をかける少女』の印象が強く残っています。
そこで描かれている尾道は美しい瀬戸内海に面した町というよりも、坂の多い急峻な土地の町という印象が強いです。
今回私は初めて尾道を訪れましたが、やはり坂の多い町という印象が強く残りました。
展示を見た後に尾道を訪ねた理由は、映画で見た尾道の町をフィルムに残したいという思いからでしたが、狭い町とはいってもとても一日では撮りきれなくて消化不良を起こしてしまいました。
多分またそのうちに尾道を訪ねることになりそうな予感がします。
by kawamutsukun | 2012-10-09 00:00 | Leica | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/19003665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by getteng at 2012-10-09 06:59
kawamutsuさん、
散歩マップはなかったですか?
事前に下調べし、計画的に回らねば歩ききれませんね。
愚生もそろそろ行かなければと思いおります。
Commented by kawamutsukun at 2012-10-09 09:15
*getteng様
おはようございます。
広島を出てすぐに尾道に行き、すぐに観光案内の地図を手に入れました。
ただ私は今回かなり欲張ってしまい、レンタルバイクで対岸の向島と因島まで回ってしまったものですから撮影時間が足りなくなってしまいました(笑)
もう少しすると紅葉が美しい季節になるのでしょうね。
Commented by いつも写真少年 at 2012-10-09 22:26 x
こんばんは。

ドライブして、撮影して、盛り沢山ですから、一日25時間、26時間と必要でしょうね。

この写真のように見下ろしたりする斜景が上手く撮れると楽しさも倍増でしょうか。本当に坂と路地の多い所ですね。
Commented by kawamutsukun at 2012-10-10 08:34
*いつも写真少年様
おはようございます。
もう時間が足りなさ過ぎでした。
計画的に回らないと回りきれませんね(笑)