Slow Photo Life

夢の果てに

e0025893_1849522.jpge0025893_18481038.jpg

哲学の道
summaron 35mm/3.5

ここは昔、とは言ってもほんの20数年前だけど、ご主人の趣味で集められた調度品が綺麗に飾られた部屋でお茶が飲めた喫茶店だった(と記憶している)。
その時から何度も訪れていたけれど、こんなに廃れた様子を見たのは4~5年前からだろうか。
いや、京都駅が新しくなっていたことに驚いたのが7年以上も前の事だから、もっと前からかも知れない。
by kawamutsukun | 2012-08-30 00:00 | Leica | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/18745269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by いつも写真少年 at 2012-08-29 23:45 x
こんばんは。

いつも写真少年がこの風景を見たとしても、今のままが被写体です。

見る人によっては、繁栄期のお客さんの笑みが浮かび、それが思い出なんですね。
Commented by ら・ぺるら at 2012-08-29 23:48 x
趣味から始まったお店商売は、意外と息がながいものですが、その方がご高齢になったり、ご病気になったり、お仕事ができなくなったときが終わりになるのですね。趣味製が強い程、後を引き継ぐ人が現れないし〜ご子息等が一気に後片付けしておしまいとなりますが、この写真からは、拘りのお店であったろう、名残の余韻が感じられます。
Commented by catuwo at 2012-08-30 10:10
kawamutsuさん、はじめまして。
catuwoといいます。自分の記事の設定を変更したら表示される“おすすめブロガー”にkawamutsuさんが表示されて拝見しました。
私の記事をトラックバックさせていただきたかったのですが上手くいかず、誤って送信してしまいました。削除されて下さい。
↓この記事をトラックバックしたかったのです…。http://catuwo.exblog.jp/tb/6481398

ここのお店、私の訪れた時にはすでに荒れ放題でした。ここで
お茶されていたのがすごいな。と思います。

他のお写真も少し拝見しましたが、
どの作品も味があるというか、質感が私の好み(^^)
素敵ですね!

では、失礼いたしました。
Commented by kawamutsukun at 2012-08-31 06:57
*いつも写真少年様
おはようございます。
ここは学生時代に仲間と旅行に来た時に立ち寄った場所です。
建物は階段を降りた下にあるのですが、本当に好きで蒐集したものに囲まれながら営まれている、趣味の店でした。
Commented by kawamutsukun at 2012-08-31 07:04
*ら・ぺるら様
おはようございます。
この道沿いはお茶の飲める店があまり無く、銀閣から歩き出すと少し何か欲しくなる距離の場所でした。
道沿いの店のほとんどが、自宅を改装して営業しており(平山ミキの店なんかも・笑)、ここもそんな店の一つでした。
おっしゃるように、ご主人の年齢か何かの理由で畳んでしまったのでしょうね。
仕方ありませんが、さみしい限りです。
Commented by kawamutsukun at 2012-08-31 07:12
*catuwo様
おはようございます。
catuwoさんは京都にお住まいなのですね。
ここはお示し頂いた通り『若王子』ですね。
かつてはイイ雰囲気の店だっただけに残念です。
京都は好きでこの数年は毎年来ておりますが、観光写真の域をでません(笑)
またお立ち寄り下さい。