Slow Photo Life

有効活用

e0025893_20475422.jpg

super-anglon 21mm/3.4






面白い事を考える人も居るものですね。
私も早速、現像液を発注しました。
あとは注射器を買わないといけません(笑)
その現像用にEfke100というクロアチアのFilmも購入しました。ブローニーです。
昔のTri-Xのように乳剤の銀の含有量が多いそうです。
それに斬新な現像法。さて、何を撮ろうかな。
by kawamutsukun | 2012-05-25 00:00 | GXR | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/18049986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ash1kg at 2012-05-24 20:59
何やら面白そうですね! 今度教えてください。
僕もツテを頼ってRodinalとHC-110を手配してみました(笑)。
Diafineの二浴現像も試してみようと思ってます。
いやー、この遊びに終わりはないですね~(笑)
Commented by kawamutsukun at 2012-05-24 21:04
*ash様
いやぁ、情報源はashさんですって!(笑)
例の1時間放置のアレです。発注した現像液もロジナールです♪
Commented by ash1kg at 2012-05-24 21:36
それで注射器か!(笑)
Commented by kawamutsukun at 2012-05-24 22:00
*ash様
そうですそうです(笑)
FilmはISO100にしていますがT-MAXでもいけるみたいですよ。
Commented by ら・ぺるら at 2012-05-24 23:56 x
わたしは10年前にロジナールをイソジンの空きボトル300mlに移して使っていました。1滴単位で調整出来ます。
流行りは回りまわるのですね♪ただ、自分にとっての目的は?という事を考えた場合、ロジナールを4年使いわたしはPMK現像液、そしてT−max現像液に落ち着きました♪だって、ロールフィルムは十分に諧調豊かなんです。
Commented by kawamutsukun at 2012-05-25 08:03
*ら・ぺるら様
こんにちは。こちらにコメントありがとうございます。
この現像法に通じる事は、すでにtabiさんがTMAX現像液で何年も前に確立されていましたね。
ロジナールでの現像も一時のブームが去った感がありますが、銀が豊富と言われてるフィルムに超希釈、長時間放置現像がどんな画をもたらすか?フィルムがあるうちの現像遊びです(笑)
135でもやってみたいですが、なかなか一本が撮り終えなくて困ります(笑)
イソジンの容器というのは良いアイディアを頂きました♪代用出来るものもたくさんありそうです。