Slow Photo Life

銀座で大阪を見た日

e0025893_0551555.jpg

銀座Nikonサロンで開催されていた百々俊二さんの写真展『大阪』を見に行ってきた。
Leica氏のエントリーで絶賛されていたモノクロの大阪を見に行ったのだけれど、8×10で撮られた大阪は素晴らしかった。
大きく伸ばされたプリントを目の前にしていると、街に漂う匂いや人の息、話し声や喧騒まで聞こえてくるかのような錯覚を覚えた。
そこに生活している方々の生の営みがそのプリントの中に生きている。
また大判のクオリティが存分に生かされたプリントはもちろん、価値の看板や鉄橋、肌や衣服の皺の質感まで余すことなく表現されていて『記録する』と言う事はこういう事なんだと思い知らされた。
ただ漠然と街を撮ってはこうは行かない。
今回の『大阪』は、これからの私の街撮りの姿勢を変えるかも知れないなと、直感的に感じた。



e0025893_0553794.jpg

e0025893_056757.jpg

丁度昼になったのでそのまま築地まで足を延ばして昼食。
本気でLeica氏を誘うかと思ったけれど(笑)空腹に負けてホルモン丼を。
いや、こちらもガッツリとパンチが効いて旨かったゼ
by kawamutsukun | 2010-12-08 01:13 | GRD | Trackback
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/13776399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]