Slow Photo Life

なんとなく落ち着く感じ

e0025893_0422489.jpg

e0025893_0353053.jpg

日暮里
2.8E Planar
TMY-2

現像の環境を戻してみた。
このところの仕上がりに居心地の悪さみたいなものを感じていたので以前に戻してみた。
液温は10℃で現像時間は12分。現像液はTMAX現像液。
ちょっと薄めのネガに懐かしさを覚えた。
スキャンの結果も良い感じだし、なんとなく落ち着く感じがした。
しばらくはこれでやっていこうと思う。
by kawamutsukun | 2010-01-29 00:40 | Rolleiflex(cord) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/12049884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sa55z at 2010-01-29 06:16
おー、あり得ない設定ですね。
すごいや。
この時期部屋暖めたり、液を温めたりで坪降りまで2時間近くかかってしまいます。
でも10度という低温管理も難しそうです。
Commented by leica_m4m at 2010-01-29 08:57
日暮里が落ち着く場所なの可と思いました。(笑)
それにしても低温現像の実践は、すごいですね。
Commented by kawamutsukun at 2010-01-29 10:17
*sa55z様
そうですよね…。普通じゃないのは分かっているのですけど、標準通りに処理しても濃くてコントラストも強くなるので段々と液温が低くなってきました(笑)
Commented by kawamutsukun at 2010-01-29 10:37
*leica様
日暮里と言いますか山手線の半分から北側の地域は落ち着きますね~
現像はどうなんでしょうか…。データシートが悪いわけじゃなく、露出の掛け方や他にも課題があると思っていますが、今はデータシートよりも低い温度の方が結果が良くて落ち着いています。
んー、現像は難しいです(苦笑)