Slow Photo Life

葡萄のなる家

e0025893_1950038.jpg

月島
CL/35mm summaron F3.5
TX




前回は現像を失敗したので今回は温度と時間に注意した。
結果は。。。
普段はあまりレンズ交換をしないで撮りきるんだけれど、前回使い切れなかったフィルムを使って撮りはじめたので、結果として複数のレンズが混在することになった。
街中をノーファインダーでスナップを撮るときは25mmが定番だけど、路地を歩くときは35mmが多い。
今回はその25mmと35mmが混在した形になって、現像結果(スキャン)をみてちょっと考えた。
もちろん、同じ場面を撮り比べた訳じゃないんだけれど、一本のネガにこんなにも諧調が異なるカットができるものなのか?って、びっくりしたというか。。。
レンズが変わるとトーンまでこんなにも違っちゃうの?
それとも気のせいかしら・・・
by kawamutsukun | 2009-09-01 00:00 | Leica | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kawamutsu.exblog.jp/tb/11015557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by osamu_the_wizard at 2009-08-31 23:54
あ、本当だ、葡萄だ!月島葡萄ですか、おどろきですね。

「レンズが変わると・・・」っていう心境的影響もきっと大きいですよね。
物欲というヨコシマな心境的影響なんですが・・・
Commented by kawamutsukun at 2009-09-03 00:25
*osamu様
私はまだまだ機材は何でも良いという境地には立てず、未だ修行の身ではありますが、それでも撮るときの安心感というのは感じずにはいられないので、ついついsumaronに手が伸びてしまいます。
何て言うか、安心感みたいなものは確実にありますね。