Slow Photo Life

Unbelievable landscape

e0025893_2001696.jpg

Nikkor-UD Auto 20mm/3.5 Ai改

もっと情緒のある所だと想像していたのだが、こんなクソな開発をされて奇妙な所にされていた。
これじゃアカンのじゃないかね・・・。
# by kawamutsukun | 2017-12-20 00:00 | other | Trackback | Comments(0)

野坂実生+カマウチヒデキ写真展『Quodlibet vol.2』

e0025893_19411959.jpg

summilux 35mm(1st)

野坂実生+カマウチヒデキ写真展『Quodlibet vol.2』を見た。
カマウチさんとは大阪の「B0」展などをご一緒したこともあり、ずいぶん前からつながりがあったのですが、何と今日が「初めまして!」でした。
でもなんか初めて会った気が全くしませんでした。

作品を拝見して『いったい何処に眼が付いているんだ??』と、ご本人を前に言ってしまう程、足元で果てているヤモリの死骸だったり、空を飛ぶ鳥のシルエットだったり、得体の知れないアレやコレだったりと、その写真一枚一枚には何の関連性もないのだけれど、展示として纏まるといきなりこちらに何かを訴えかけてくる物になってくる。
誤解を恐れずに私なりの解釈をするとしたら、カマウチさんはやっぱり言葉を紡ぐ人なんだなぁと。
写真を撮ってもそれらの断片をちゃんとまとめ上げて物語にしてしまう。
何枚もゾワゾワする写真もあったし、やっぱりスゲーと思ってしまうわけだ。

野坂さんの作品も、独特の世界観があって、カマウチさんと上下に並べられた作品に決して負けていないし、喧嘩もしていない。付かず離れずの関係が出来上がっていて、見ていて楽しかった。
共通の友人も多くてびっくりです。この世界は狭いと、あらためて感じました。
# by kawamutsukun | 2017-12-13 00:00 | other | Trackback | Comments(0)

フィルムは凄い・・・

e0025893_2395837.jpg

summilux35mm(1st)

ちょっと野暮用で六本木に行ったのでミッドタウンに寄ってみた。
運が良かったのか、アンセル・アダムスの展示が最終日だった。
一世紀近い昔の写真なのに、この緻密さはなんなんだ?!
プリントの技術も然ることながら、これがゾーンシステムの成せる技なのか・・・。
アダムスの写真を見るのは初めてではないが、あらためてプリントに感動する。
この時代にフィルムを続けるのならば、大判は避けて通れないのか。
# by kawamutsukun | 2017-12-07 23:08 | Leica | Trackback | Comments(0)